地球と矢印

WEBサイトを立ち上げる場合には、新規ドメインを取得してからコンテンツのファイルをアップロードする方法が一般的です。
新たにサイトを設置して良質のコンテンツを提供したとしても、短期間でPV数を得ることは不可能です。
サイト訪問者の多くは検索エンジンの結果を見てアクセスをするので、PV数を増やすためには検索エンジンに上位に表示されるためのSEO対策が必須だからです。
検索結果に反映されるためには、検索エンジンにドメイン名やURLのインデックスが作成されるのを待たなければなりません。
検索結果で上位表示されるためには、時間をかけてSEO対策を行うことでサイトの評価を上げる作業が必要です。

きちんとSEO対策を施しているのに検索エンジンで上位表示されない場合には、ドメイン名に問題がある可能性があります。
Googleペナルティに登録されていたり、使用期間(ドメインエイジ)が短くて評価が低いなどの原因が考えられます。
このような場合には、SEO対策のために中古ドメインに乗り換えをする方法があります。

新規ドメインを使用してペナルティの影響を受けてしまった場合、単にサイト内の問題点を改善するだけではペナルティは解除されません。
解除申請を行うことが可能ですが、そのためには時間や手間がかかります。
このような場合に、ペナルティを受けていない中古ドメインに乗り換えてしまうという方法もあります。

新規ドメインから乗り換えるメリット
新規ドメインから中古ドメインに乗り換えをすることには、多くのメリットがあります。
最大のメリットは、中古ドメインは検索エンジンのインデックスに既に登録されていることです。
インデックスに登録されていればサイトを立ち上げた直後に検索結果に反映されるので、短期間でアクセス数を稼ぐのに有利です。
中古ドメインであれば、サイトのカテゴリーと一致している文字列を選びやすいというメリットもあります。
ユーザーに覚えてもらいやすいURLを使用すれば、リピーターの獲得に有利です。

SEOを効果的に行える
中古ドメインには既に外部サイトに被リンクが設けられているケースが多いので、効果的にSEO対策ができます。
SEOの外部対策として、良質の被リンクを獲得することが大切です。
ドメイン名とサイトコンテンツのカテゴリーが一致していれば、同ジャンルのサイトに既に貼られている被リンクによってサイトの評価を上げることができます。

上位表示されやすい
一般的にドメインエイジが長いほど検索エンジンに高く評価されやすいので、上位表示されやすいというメリットがあります。
中古ドメインは外部の被リンクが存在するので、新規ドメインよりもクロール頻度が高いという特徴があります。
このためコンテンツを更新すれば短期間で検索結果に反映され、上位表示されやすくなります。