• ホーム
  • ペナルティを受けている中古ドメインの対処法

ペナルティを受けている中古ドメインの対処法

分析ツールを活用すれば、中古ドメインの品質を見分けることが可能です。それでも購入前に安全かどうかを完璧に見分ける方法は存在しないので、購入した中古ドメインがペナルティを受けている可能性はゼロではありません。もしもペナルティを受けている中古ドメインを登録してサイトを構築してしまった場合には、Googleに再審査を申請して解除してもらう必要があります。

ペナルティドメインの対処法として、何もせずに放置して自然に解除されるのを待つ方法があります。この方法は手間がかからないという利点がありますが、放置し続けても確実に解除されるという保証はありません。Googleでは過去のペナルティを解除するまでの期間を公表していないので、自然に放置して解除されるのは難しいでしょう。

ドメインを取得したら、すぐにサーチコンソールを利用して手動ペナルティの有無を調べることが大切です。まず最初にページファイルを作成してアップロードし、サーチコンソールにサイトマップを送信します。送信後にサーチコンソールのステータス欄に成功しましたのメッセージが表示されなければ、ペナルティを受けていることが分かります。

もしもペナルティに登録されている場合には、再審査リクエストを送信して解除してもらう必要があります。ペナルティの原因が過去に運用されていたサイトのコンテンツやページ構成によるものであれば、すぐに解除してもらえます。外部サイトの被リンクが原因であれば、再審査リクエストを送信しても解除してもらうことは難しいでしょう。被リンクが原因であれば問題のあるサイトを全部見つけて、サイト管理者にリンクを削除してもらうように依頼をする必要があります。削除に応じてもらえない場合には、リンク否認の手続きを行うことができます。

ドメインがペナルティを受けている場合、解除をしてもらうことは可能です。解除のためには、再審査リクエストを送信したり被リンクの削除やリンク否認などの手続きが必要です。過去に運用されていたサイトのコンテンツが問題であれば、再審査リクエストを送信するだけで済みます。もしも外部の被リンクが原因であれば、サイト管理者に削除を依頼したりリンク否認作業に余分の手間がかかります。ドメインを立ち上げた後に面倒な手続きをしなくても済むようにするためには、中古ドメインを購入する前にきちんと被リンクのチェックを行っておくことが大切です。