• ホーム
  • 中古ドメインから新規ドメインへの301リダイレクトについて

中古ドメインから新規ドメインへの301リダイレクトについて

パソコンを使い会議をする人

中古ドメインから新規ドメインにサイトの引越しをした際に、旧URLにアクセスをしたユーザーが新しいページに移行できるようにする目的で301リダイレクトを設定する方法があります。これは旧ドメインのURLにアクセスをしようとすると自動的に新しいページにアクセスができるもので、本来はユーザーの利便性を向上する目的で使用されます。301リダイレクトは、一時的ではなくて恒久的にサイトを移転する場合に使用します。これに対して302リダイレクトは恒久的ではなく、一時的に転送設定をする目的で使用されます。

301リダイレクトを設定して新規ドメインにサイトを移行した場合でも、検索エンジンのプログラムは新ドメインでも旧ドメインの評価をそのまま引き継ぎます。この仕組みを活用して、新規ドメインを取得してサイトを設置する際に中古ドメインの被リンクや評価を引き継ぐテクニックが存在します。

301リダイレクトを利用して中古ドメインの被リンクを引き継ぐ方法ですが、まず最初にサテライトサイト用に被リンクを多く持つ中古ドメインを購入してレンタルサーバーに登録します。このサイトに簡単なページを作成しておき、検索エンジンのインデックスに登録してもらいます。中古ドメインのサイトがインデックスに登録された後に、新規ドメインを取得してサーバーに登録してメインサイトを構築するようにします。最後に、中古ドメインのサイトの方に301リダイレクトで転送の設定しておけば完了です。

301リダイレクトで転送を設定して被リンクを引き継ぐこと自体は、問題がありません。ただし注意しないと、悪質なスパム行為とみなされてペナルティに登録されてしまう場合があるので注意が必要です。

中古ドメインの被リンクが低質なサイト・ページが多いと、リダイレクト先のサイトに悪影響が及びます。旧サイトでブラックハットSEOが実施されてペナルティに登録されている場合には、新規ドメインの方もペナルティの影響を受けてしまう恐れがあります。

リダイレクトに利用する中古ドメインに問題がなくても、被リンクの種類を調べておくことが大切です。メインサイトのコンテンツが中古ドメインが受けている被リンクの種類・ジャンルと一致していなければ、悪質なスパム行為と判断されてしまう場合があるからです。分析ツールなどで良質の被リンクと判断されていても、内容が一致していなければ不自然なスパムリンクと判断されるので注意しましょう。

人気記事一覧