• ホーム
  • 中古ドメインとドメインエイジの関係

中古ドメインとドメインエイジの関係

中古ドメインを利用するメリットとして、検索エンジンに登録されているサイトの評価や被リンクを引き継ぐことが挙げられます。ドメインの運用歴の長さ(ドメインエイジ)自体も、検索順位に大きな影響を及ぼす要因であると主張されます。実際に中古ドメインを販売する一部のサイトでは、各ドメインの運用歴が表示されています。運用歴の長さによって、ドメインの金額に差が付けられているケースもあります。

ドメインエイジが長いほうが、検索結果の上位に表示されるという考えが存在します。Googleの関係者の発言によると、このような考えは間違いであることが分かります。ドメインエイジの期間自体が、サイトの評価や検索順位に直接的に影響を及ぼすことはありません。検索順位を上げるために重要なことは過去に登録され続けてきた長さではなく、サイトの質・信頼性や評価です。過去に取得されたドメインが使用されずに放置され続けてきたり、スパムリンク用に使用されてきた可能性もあるからです。

ドメインエイジの長さがドメインの信頼性に直接的に影響を及ぼすことはありませんが、間接的にSEO対策に効果的である場合があります。一般的に運用歴の長いドメインを利用した方が、ドメインパワーが高いケース場合が多い傾向が見られます。この理由は、運用歴の長いサイトの方が信頼性が高い場合が多いからです。短期間で消滅してしまうサイトは、コンテンツ・ページや外部リンクなどに何らかの問題がある可能性があります。逆に長期間にわたり運用されてきたドメインは、問題がなくて安全性が高いケースが多いといえます。

一般的にドメインエイジ(サイトの運用歴)が長いサイトの方が質の高い被リンクを多く受けているので、検索順位が高くなる傾向が見られます。被リンク対策のために中古ドメインの購入を考えている方は、ドメインエイジの長いものを中心にバックリンクの分析をすると良いでしょう。

中古ドメインを購入する場合には、ドメインパワーを比較するための目安としてドメインエイジの期間を参考にすることができます。ただしドメインエイジは目安のひとつでしかなく、他の方法でも分析をすることが重要です。単に運用歴が長いというだけの理由だけで、検索順位が上がる訳ではないことを理解しておきましょう。

運用歴の長い一部の中古ドメインは、ペナルティの影響を受けていたり質の低い被リンクを受けている場合があります。Googleアップデート以前から運用されてきたドメインは、古い手法でSEO対策が施されてきた可能性があります。そのようなサイトは評価が下げられている恐れがあるので、注意が必要です。