• ホーム
  • 中古ドメインのSSL化について

中古ドメインのSSL化について

新たなサイトを構築する場合に、サイト全体を暗号化(常時SSL化)させる方法が推奨されています。以前は、パスワードやメールアドレスなどの個人情報を入力するページのみSSL化して個人情報を保護するケースが一般的でした。現在は個人の好みなどの情報を保護する目的で採用されるケースが増えています。最近は街中のいたる場所で公衆無線LANスポットが設けられていますが、暗号化されていないケースがほとんどです。回線の暗号化が施されていない無線WiFiを安全に利用するためにも、SSL化が必須です。

サイト全体をSSL化してhttpsアドレスを採用することはユーザーを保護するだけではなく、高精度なアクセス解析を行うのにも役立ちます。ユーザーの情報を保護したりSEO対策のためにサイト分析を行うことを考慮すれば、SSL化を行うことが推奨されます。

中古ドメインを取得して以前に運用されていたサイトの評価を引き継ぎたい場合、httpをhttpsに変更してもドメインパワーに影響が及ぶことはありません。旧サイトのアドレスがhttpで新たに設置するサイトでhttpsに変更をすると、旧サイトへの被リンクアドレスが無効になってしまいます。このような場合は、httpsで始まる新URLにリダイレクトを設定し活用することで既存の被リンクをそのまま引き継ぐことが可能です。

Googleのプログラムであれば、URLがhttpsに変更されたとしてもサイトの評価をそのまま引き継ぐことができます。SEOの観点では、SSL化をしてもドメインパワーに悪影響が及ぶ心配はありません。新規ドメインを取得して中古ドメインからのリダイレクトを行う場合でも、httpsに変更に変更後も以前のサイトの被リンクを引き継ぐことが可能です。中古ドメインにサイトを構築したり新規ドメインへのリダイレクトを行う場合でも、常時SSL化を行うことによるデメリットはありません。

GoogleではサイトのSSL化を推奨していて、httpsページを優遇することを明らかにしています。これは、他のすべての条件が同じであればhttpよりもhttpsの方が上位に表示されることを意味します。これらはSEO対策として有効な手段ですし、URLがhttpsに変更されたとしても不利益を被る心配はありません。中古ドメインを取得してサイトを構築する場合には、SEO対策のためにSSL化を行う方が好ましいといえます。