• ホーム
  • 中古ドメインを利用した方がいいケース

中古ドメインを利用した方がいいケース

PCとスーツの男性

新たにサイトを立ち上げてアクセス数を伸ばすためには、検索エンジンの表示順位が高い方が有利です。検索順位を上げる方法として、競合サイトよりも質の高いコンテンツを提供したり、ユーザーが閲覧しやすいようなページを作成するなどのSEO対策が必要です。外部対策として、時間をかけて良質の被リンクを獲得することも大切です。

中古ドメインを活用することも、有効なSEO対策のひとつです。検索結果の順位を上げるために、中古のドメインを利用してSEO対策をすることが向いているケースがあります。

コンテンツの改善や外部対策をしても検索順位が変わらない場合は、中古ドメイン導入が推奨されます。競合サイトの影響で、どんなにページやコンテンツの改善を施してもサイトの検索順位が上がらないケースがあります。サイトの品質が競合サイトと変わらない場合でも、検索順位が高い既存のサイトの方が良質の被リンクを獲得しやすいからです。コンテンツやページの改善で手を尽くしても競合サイトとの差をつけることができない場合は、ドメインパワーを活用する方法が効果的です。

中古ドメインの導入は、SEOを時短したい方にもおすすめです。一般的に新規ドメインでサイトを立ち上げても、すぐに検索エンジンに登録される訳ではありません。検索結果に反映されるまでに、数週間~3か月もの期間を要します。中古ドメインは最初からドメイン名が検索エンジンに登録されているので、早期に検索結果に反映されます。

インデックスが作成されて検索結果に反映される場合でも、最初は表示順位が低い状態からスタートします。同じカテゴリーを扱うサイトが多い場合は、SEO対策を施しても、成果が出るまでにある程度の期間が必要です。中古ドメインの場合は検索エンジンのプログラムにチェックが行われる頻度が高いので、早期にSEOの成果が出やすいという利点があります。アフィリエイトサイトではドメインの更新やサーバー維持のために費用が発生するので、収益を上げるためには短時間でSEO効果がでる中古ドメインの方がおすすめです。

中古ドメインの導入は競合サイトとの差をつけたい場合や、収益を得るのに時短をしたい方に推奨されるSEO対策方法のひとつです。単に中古ドメインを導入するだけでは、SEO対策にはならないことに注意しましょう。コンテンツの改善や被リンク対策などを十分に行った上で中古ドメインを導入することで、効果的なSEO対策ができます。